スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<幻のパン>ワラビーパンが復活 小学生の市長へのメールきっかけに(毎日新聞)

 埼玉県蕨市の知的障害者授産施設「レインボー松原」が6日、市のマスコット・ワラビーをかたどったパンを売り出した。市内の給食に昨年1度だけ登場したかわいらしさを忘れられない小学生が「もう一度ワラビーパンを食べたい」と、頼高英雄市長に送った電子メールをきっかけに、“幻のパン”が復活した。

 ワラビーパンは昨年11月、市制50周年記念で小学校の給食で出された。大きな耳やかわいい形が子どもたちに好評だった。しかし、1個176円するため、1度だけの登場となった。

 今年1月末、小学5年の男児から「ワラビーパンの発売予定はありますか。ぜひもう一度お願いします」というメールが頼高市長に届いた。予算の確保に悩む市に、「ぜひ作らせて」と申し出たのが、「レインボー松原」。複数の施設が参加する社会福祉センターまつりで復活に挑戦した。

 施設は、10~50代の障害者約40人が通い、自立に向け訓練している。パン工房では13人が1日5人ずつ交代で働く。クロワッサン、メロンパンなど1日約10種類のパンを300個ほど製造。市役所や公民館、事業所など10カ所で出張販売している。

 パン工房は今年2月からワラビーパンの試作に着手。試行錯誤しながら、薄く伸ばしたパン生地を何枚も重ねて焼くデニッシュを完成させた。ほんのり甘く、さくさくとした食感が特徴の自信作が完成した。

 まつりでは1個100円で、300個が店頭に並んだ。来店者の多くが「あっ、ワラビーパンだ」と言いながら買い求めていた。5、6個まとめ買いする人もいて数時間で完売した。

 職員の浅野和寿年さん(39)は「給食に出すには大量に生産するための設備や作業工程などで課題は多い。でも、施設の利用者の自信にもなるので、いつかは給食に出せれば」と話した。【鴇沢哲雄】

【関連ニュース】
<関連記事>米粉パン:ふっくら焼きます 小麦アレルギーの人も大丈夫--食品総合研究所
<写真特集>全国各地のご当地バーガー
<写真特集>たい焼き:私、“モチ肌”と“中身”が魅力です!
<写真特集>パンには牛乳 乳製品展示会、うどんも登場
<写真特集>パイ風のチキン南蛮も 和洋中オリジナル24種類

<菅首相>重要法案成立に意欲 会期延長検討(毎日新聞)
始発から遅れ阪神5万人影響 保線で信号機に過電流(産経新聞)
民主、政調会長代理に城島氏(産経新聞)
新緑の雨滝に傘の花 鳥取で滝開き祭(産経新聞)
「警戒心薄い奈良鹿に…」射殺の男女に懲役刑求刑(読売新聞)
スポンサーサイト

別れ話に腹立て、ツイッターで殺害予告した疑い(読売新聞)

 インターネットの簡易投稿サイト「ツイッター」に知人女性の殺害予告を書き込んだとして、警視庁町田署が、神奈川県藤沢市、無職堀江健太郎容疑者(32)を脅迫容疑で逮捕していたことがわかった。

 逮捕は5月28日。

 同署幹部によると、堀江容疑者は同月下旬、東京都町田市に住む無職女性(26)から別れ話を持ちかけられたことに腹を立て、「きょうで死にます 確実にころします」などとサイトに書き込みを繰り返し、脅迫した疑い。

 「一時の感情でやってしまった」と容疑を認めているという。

<桂春団治さん>体調不良で検査入院(毎日新聞)
診療側委員に看護師代表「検討課題」―足立政務官(医療介護CBニュース)
焦土の東京、写真にはっきり=最後の大空襲前後―地図センター(時事通信)
<三重大生>列島縦断のリヤカー旅 得意のたこ焼きで交流を(毎日新聞)
ドナーカードの記入不備・矛盾は「意思表示として無効」―厚労省作業班(医療介護CBニュース)

救急救命士の業務範囲の拡大を要望(医療介護CBニュース)

 一般社団法人「日本救急救命士協会」(鈴木哲司会長)は5月21日、救急救命士法を改正し、業務可能範囲を拡大するよう求める要望書を民主党の小沢一郎幹事長にあてて提出した。現行の同法では、業務可能範囲は「救急車、その他重度傷病者を搬送するためのもので厚生労働省令で定めるもの」と定められている。

 要望書ではこのほか、▽救急救命士制度の問題や課題について検討し、提言する議員連盟を民主党内に立ち上げる▽民間救急搬送事業者の酸素購入を制限した昨年5月の厚労省医薬食品局長通知を見直し、規制を緩和する―ことを求めている。


【関連記事】
3行為の実証研究実施へ―救急救命士の処置範囲拡大で
救急救命士の職能団体が発足
救急救命士国試、合格率84%
救急業務と医療の連携を議論―消防庁
救急救命士のエピネフリン投与で報告書-消防庁検討会

<PCB特措法違反容疑>資材置き場など捜索 岐阜県警(毎日新聞)
医師「流産したと知らず」=「信じてた」と女性―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
<裁判員裁判>病気で弁護士遅刻 公判が1日延長 長野(毎日新聞)
仕分けは経営介入か? 尾立氏「社内対立に入っちゃった」と困惑(産経新聞)
「親族優先」初適用 亡夫の角膜移植へ(産経新聞)

大江参院議員、幸福実現党の選対本部長に(産経新聞)

 大江康弘参院議員(56)は14日、都内のホテルで記者会見し、同日付で幸福実現党に入党したと発表した。大江氏は選挙対策本部長に就任した。これで幸福実現党は国会に初めて議席を確保した。

 入党の理由について大江氏は、「新生保守として日本の形、国家観を共有できたことが、決断した理由だ。幸福実現党の政策、理念に賛同した」と語った。同党の支持母体である宗教法人「幸福の科学」へは「入信はしない」と説明した。

【関連記事】
幸福実現党 茨城で候補者擁立
舛添蹴って幸福実現党とタッグ、大江氏“くら替え”の真相は?
改革クラブ離党の大江氏、幸福実現党入り
幸福実現党、参院選候補者を半分以下に
わずか4日で党首交代 幸福実現党
少子化を止めろ!

【麗し大和】珠光を生んだ茶のふるさと(産経新聞)
<岡田以蔵>刑死後145年、初の命日祭 高知・真宗寺山(毎日新聞)
高さ14m「足すくむ」新入社員、電柱登り訓練(読売新聞)
首相にふさわしい1位でも…舛添人気19%に後退(読売新聞)
介護・看病疲れで自殺、過去最多(医療介護CBニュース)

関越大泉JCTで5台玉突き、約6キロ渋滞(読売新聞)

 3日午後0時10分頃、東京都練馬区大泉町の関越自動車道上り線大泉ジャンクション付近で、車両5台が絡む玉突き事故が起き、6人がけがをした。

 埼玉県警高速隊と日本道路交通情報センターによると、事故の影響で午後2時現在、現場付近の上り線が3車線中2車線が規制中で、約6キロの渋滞となっている。

2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)
鳩山首相「小沢幹事長には頑張っていただく」(産経新聞)
長妻厚労相、子ども手当「基本的に満額で努力」(産経新聞)
<築地市場移転>土壌汚染の除去実験に疑問 英科学誌が記事(毎日新聞)
会社員刺し重傷、43歳兄逮捕=金銭トラブルか-警視庁(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。